もっと知りたい、愛知のITS(アイティーエス)

背景色 通常 文字サイズ 標準拡大

VICS(ビックス)(道路交通情報通信システム)

Twitter Facebook Google+ LINE

カーナビで渋滞情報&交通情報が分かる

VICS(ビックス)(Vehicle Information and Communication System)」とは、渋滞や交通規制などの道路交通情報を、FM多重放送や光ビーコン(主要な一般道路に設置され、近赤外線による無線通信装置)、電波ビーコン(主に高速道路に設置され、電波による無線通信装置)を使ってリアルタイムにカーナビに提供するシステムです。受信機やVICS対応カーナビを使うことで、これらの情報を活用することができます。VICSは交通の円滑化や安全性・経済性の向上、環境保全等に寄与しています。

VICSイメージ

※電波ビーコン2.4GHzからの情報提供は、2022年3月末をもって電波ビーコン5.8GHz(ITSスポット)からのサービスに一本化されることになっています。

VICSが提供するさまざまな情報

◇渋滞情報(渋滞箇所や渋滞区間を表示)

◇所要時間(移動に要する時間を表示)

◇駐車場情報(駐車場・SA/PAの位置、満車・空車の状態、施設案内を表示)

◇交通障害情報(事故、故障車、路上障害物、工事、作業などを表示)

◇交通規制情報(通行止、速度規制、車線規制などを表示)

情報量が増え、より賢く便利なサービスを提供する「VICS(ビックス) WIDE(ワイド)

FM多重放送の伝送容量を約2倍に拡大したVICSの高性能版「VICS WIDE」では、最新の渋滞情報を反映したルート検索で、より高精度な渋滞回避ができるようになっています。また、プローブ情報(走行車両から収集・蓄積された走行履歴等のデータ)の活用により、より詳細に交通状況を把握することができるようになりました。また、気象情報等の緊急情報や大雨エリア情報なども提供できます。

詳しくは一般財団法人道路交通情報通信システムセンター( http://www.vics.or.jp )のサイトへ